小嶋税理士事務所さいたま「小嶋税理士事務所」新着情報さいたま「小嶋税理士事務所」事務所案内さいたま「小嶋税理士事務所」業務案内さいたま「小嶋税理士事務所」報酬リストさいたま「小嶋税理士事務所」チェックしよう法改正さいたま「小嶋税理士事務所」税の散歩道さいたま「小嶋税理士事務所」税務調査お問合せ さいたま「小嶋税理士事務所」新着情報リンク・相互リンク

●住所

さいたま市見沼区東大宮1−71−25
豊村ビル2F

●電話番号

048-687-5303

2015年12月18日

NHK子会社で架空発注

NHKの子会社の社員2名は、工事や業務を架空発注して、約2億円を不正に受給していました。
架空発注は、東京国税局の税務調査で発覚。
社員の不正は、NHK内部の問題ですが、NHKとしては、社員の不正受給されたのみならず、架空発注部分については、課税対象となりますので、社員及び国税局の双方からWパンチを受けたような形になります。

2015年12月03日

タワ−マンション節税

タワ−マンションが相続税の節税に使われているとして、国税庁は、行き過ぎた節税への監視を強化するよう全国の国税局に指示をしました。
不動産を購入し、相続税の課税価格を減少させることは特に問題となることではありません。今回の監視強化は、不動産業者が利益を目的とし、著しく不適当と認められる課税価格の減少については、財産評価基本通達第一章総則六 「この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する」を適用すると指示したものです。
節税対策でタワ−マンションを購入してしまった場合は、当分の間、売却せず保有せざるを得なくなりました。

2015年11月24日

架空出張費計上 2800万円脱税

交通事故の損害調査などで得た所得を隠し、法人税約2800万円を脱税したとして、東京の調査会社と社長が法人税法違反の疑いで東京国税局から東京地検に告発されました。
調査会社は、大手損害保険会社から交通事故の損害や原因などを調べる業務を請け負っていましたが、調査員の出張旅費を架空に計上する手口で、3年間に、約1億1000万円の所得を隠していました。
出張旅費で、このような大きな架空計上はあまり聞いたことがありません。もちろん、調査報告書も信用できません。

2015年11月16日

都内不動産会社 3400万円脱税容疑

東京の不動産会社は、マンション販売などで得た所得を隠し、約3400万円を脱税したとして、東京国税局から東京地検に告発されました。
脱税の手口は、架空の業務手数料です。隠した所得は、社長が管理する銀行預金や現金で保管されていました。

相続税7000万円 脱税容疑

長野県に住む食堂経営者は、家族名義の預金など約2億5000万円を隠し、相続税約7000万円を脱税したとして、関東信越国税局から長野地検に告発されました。
被相続人がを家族名義での預貯金を残し、申告から除外する方法は後を絶ちません。
しかし、税務署は、常に、家族分を含めた預貯金をも税務調査の対象としていますので、安易に分散することは、後々、追徴税額の対象となります。仮に、家族名義の預貯金としてしまった場合には、相続税の申告する際、被相続人の相続財産に含め申告することが賢明です。

2015年10月02日

給与所得控除見直し検討

政府税制調査会は、日本の給与所得控除額は最低でも65万円に設定されており、ドイツ(約15万円)などと比較し高い水準にあることから、見直しが必要であると指摘しました。
国の財政状態が良くないので、取れるところ探しの一環です。

 
お問合せ

Copyright 2005-2006 Kojima Tax Accountant Office CO.LTD All Right Reserved.

インターネット会計の小嶋税理士事務所 新着情報 事務所案内 業務案内 報酬リスト チェックしよう法改正 税の散歩道 お問合せ

リンク・相互リンク →【士業・コンサルタント】→ 【医療・健康】 →【その他】

写真素材【景色屋】 パワーポイントテンプレート

powered by Movable TypeSTR